目黒ロックのホームページへようこそ!
メインでお使いになるカギに加え、防犯性能を高める目的で取り付けられたカギを指す用語です。
当店では、日本の住宅で一般的な外側へ開く「外開き扉」には、面付本締錠と呼ばれるタイプの補助錠をオススメしております。
その中でも特に、日本カバ社のリムロックシリーズは、ピッキングによるカギ穴からの不正開錠にも強く、バールによる“こじ開け”にも対応しており、日本で唯一の所有者登録制度を採用したコストパフォーマンスに優れた補助錠です。

関連項目=主錠
 補助錠ってなに?
サムターンとは、室内側でカギを開け閉めするためのツマミですが、これをドアの覗き穴やポスト、ドア自体や周りのガラスを破ることによって操作する、「サムターン回し」と呼ばれる空き巣の手口を防ぐための部品を指す用語です。
単純に特殊な工具などで回し難くするだけのものや、弊社でオススメしている日本カバ社のセーフティサムターンのように、カギを持たない人が操作できないようなものまで、様々な種類のものが発売されています。

参考=防犯サムターン
 防犯サムターンってどんなもの?
平成15年9月に施行された「特殊解錠用具の所持の禁止等に関する法律」(通称:ピッキング法)に基づき、平成16年4月より指定建物錠の防犯性能の表示義務です。
指定建物錠とは、住宅の玄関およびその建物の出入り口の扉の施錠に使用する目的で製造される錠のうち、特に防犯性能の向上を図ることが必要とされたもので、シリンダー・サムターン・シリンダー錠の3種類となります。
参考= ←クリックでCPに関するページへ移動します。
 防犯性能表示ってなに?
外側や内側に開く扉を指す用語です。
日本の住宅では、外側に開く扉が圧倒的に多いのですが、ホテルでは反対に内側に開く扉がほとんどです。

関連項目=引戸・引違戸
 開き戸ってなに?
扉がお部屋の外側へ開けば「外開き」、内側に開けば「内開き」となり、扉を引いて開ける側に立って錠前が右側に見えたら「左勝手」、左側に見えたら「右勝手」となります。
イラストによる解説ページがありますので、是非そちらをご覧ください。

参考=扉の開き・勝手について
 開き・勝手ってなに?

.

一時、ニュースなどでも度々取り上げられていたのでご存知の方も多いかと思いますが、耳かきくらいのサイズの特殊な道具を使い、カギ穴の内部を操作して開錠する技術を指す用語です。
 ピッキングってなに?
従来のレバー式やノブ式の錠前ですと、レバーを倒す・ノブを回すという動作を行った後に、扉を押したり引いたりする必要がありましたが、プッシュプル式の錠前ですと、そのまま持ち手の部分を押したり引いたりする動作だけで扉を開けることが出来る非常に便利な錠前です。
近年では持ち手部分のデザインも様々なものが発売されており、戸建やマンションなどの玄関ドアに数多く採用されています。
 プッシュプル・プッシュグリップってなに?
 バックセットってなに?
錠前のフロント部分の縁から、シリンダー(カギ穴)の中心までの距離を指した用語です。
錠前によって複数のバックセットが設定されているため、バックセットが分からないとご注文を受理できない場合がありますのでご注意ください。

関連項目=ドア厚(扉厚) スペーシング
参考=錠前の各部名称と機能
日本家屋などに多く採用されているタイプの扉を指した用語です。
1枚の扉が左右に動き開閉するものを引戸と呼び、2枚の扉が互い違いにスライドして開け閉めするものを引違戸と呼びます。

関連用語=開き戸
 引戸・引違戸ってなに?