目黒ロックのホームページへようこそ!
カギを使って施錠・解錠の操作をする、いわゆる『カギ穴』部分のことを指します。
各メーカーごとに様々な種類が発売され、近年では板状のものに、凹凸のへこみがある“ディンプルキー”を採用したシリンダーが多く見られるようになってきました。
 シリンダーってなに?
ケース本体やレバー(またはノブ)、キーを含めたシリンダーやサムターン、受け金具を含めた全体を指して錠前と呼びます。

参考=錠前の各部名称と機能
 錠前ってどこを指すの?
 自動施錠ってどういうもの?
扉を閉めると自動的に施錠され、外からはカギを使わないと開けられないタイプの錠前を指します。
ホテルの客室などに使われている機械式の他に、、センサーなどを併用した電気式の自動施錠タイプ錠前などがあります。
平成16年5月に「官民合同会議」で制定された、"防犯性の高い建物部品"に認定された建物部品にのみ使用が認められたマークです。
CPマークは、防犯=Crime Prevention の頭文字を取ったシンボルマークです。
参考=  ←クリックでCPに関するページへ移動します。
 CPってなに?
レバーやノブのある主錠タイプの錠前で、シリンダー(カギ穴)またはサムターンの中心とレバー(ノブ)の軸の中心の距離を指します。

関連用語=バックセット ドア厚
 スペーシングってなに?
主に室内側に設置される、デッドボルトを操作するためのツマミです。
古いタイプや普及品のサムターンをお使いの場合には、サムターン回し対策を施された「防犯サムターン」への交換をオススメいたします。
また、扉や枠にガラスが入ったタイプの扉の場合にも、防犯サムターンが効果を発揮します。
 サムターンってなに?
特殊な工具を使い、室内側のサムターン(ツマミ)を強引に回す空き巣の手口です。
覗き穴(ドアビュー)を壊したり、新聞受けから工具を挿し込む方法の他、そういったものが無い扉でも、ドリルで小さな穴を開けて工具を差し込むという手口もありますので、シリンダーだけを高い防犯性のものに交換するのではなく、防犯サムターンの取り付けをオススメいたします。

 サムターン回しってなに?

.

通常、一般的な住宅の場合には、レバーやノブとシリンダー(カギ穴)部分がセットになったメインで使う錠前部分を指します。
店舗やオフィスの入り口などで、レバーやノブがない扉(強化ガラス扉)の場合には、メインで使用する錠前部分を指します。
 主錠ってなに?