目黒ロックのホームページへようこそ!

築年数が20〜30年ほどの戸建住宅に多く設置されているサムラッチ錠ですが、耐久年数を考えると、そろそろ交換時期にさしかかっています。

こちらのお宅の場合も、故障してしまった為に弊社がお伺いし、ご提案の結果、使い易いプッシュプル錠への切り替え工事となりました。

色々なメーカーから同タイプの錠前が出ていますが、古いものやサッシメーカー仕様のものの場合、既に廃番になっている可能性が非常に高いのです。
そうなると、近い形(仕様)のものから選んで、扉の穴を広げたり、逆に大きすぎる穴を金属のプレートで隠したりなどという加工交換の工事が必要となります。

錠前を取り外した状態です。
錠前の種類によって、扉に開いている穴の形や大きさ、位置などが異なるので、違う種類の錠前に切り替える際には、上にも書いたとおり加工が必要となります。

今回お取り付けしたプッシュプル錠は、元々の穴をキレイに隠してくれましたので、金属プレートなどは使用しませんでした。

ただ、扉の側面から錠前を収納する穴の部分だけは、元々の錠前が大型であったために、延長金具を使用して対応しています。

サムラッチ錠もそうですが、レバーやノブ式の錠前は、持ち手を回したりなどの操作を経てから扉を引いて開閉するという2段階の操作を必要としていましたが、プッシュプル錠の場合は、持ち手を持ってそのまま押したり引いたりすることによって扉の開閉が出来るので、日常の使い勝手が非常に便利になります。

無料見積もり(指定エリア)を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。