目黒ロックのホームページへようこそ!

握力が弱くなって錠前のノブが握れないお客様の所で、ノブタイプのインテグラル錠を、扱い易いレバータイプの錠前に加工交換しました。

まずは、もとの錠前を取り外し、新たに取り付ける錠前の寸法を罫書きます。

戸先側のケース取り付け口も、同じように罫書きます。

新しい錠前に合わせて穴を開け直します。

ジグソーと呼ばれる機械で切り増していく工法もありますが、今回はドリルの穴を数珠繋ぎに開けていきます。
全て穴を開けたら、ドリルを振って穴同士を繋げていきます。

工具を使い、不要な部分をもぎ取ります。

でこぼこの部分をヤスリで整えます。

新しいケースを収めるために、このような金具を取り付けます。

これで戸先からケースがはみ出さずに取り付けられます。

元の錠前の穴が隠れるように、エスカッションという化粧板を使えば、見た目もスッキリとした仕上がりとなります。

部品を全て取り付けて完成です。

この他にも、リバーシブルで使えるカギや、つまみ易いサムターンを使うなど、色々とご相談に応じます。