ご紹介した作業内容は、あくまで一般的な作業内容です。
ご利用の扉や錠前の状態によっては、手順どおりに交換作業が出来ない場合もございます。
また、作業に際しましては、工具や金具でお怪我などされないように、十分お気をつけください。
弊社では、ご紹介した内容によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。
作業に不安がある場合など、無理をなさらずに交換工事のご依頼をして頂くのをオススメいたします。
写真のように、シリンダーを押さえながら、カンザシを上下とも差し込みます。
この時、カンザシが硬い場合がありますので、お気をつけください。
カンザシがきちんと奥まで差し込まれているのを確認したら、新しい鍵で開け閉めが出来るか確認します。
後は、プレートを戻して完了です。


プレートを取り付ける際、ラッチボルト(レバーやノブを回すと出入りする部分)の向きが正しいかどうかと、各部の動作に問題がないかご確認ください。
シリンダーは、このようにして外れます。
新しくご用意されたシリンダーを、正しい向き(メーカー名が読める向きなど)で錠前にはめ込んでください。


この時点ではシリンダーは固定されていませんので、次の手順でカンザシを差し込むまでは、手で押さえておいてください。
カンザシを引き抜くところを横から見ると、このようになります。
シリンダーや錠前、扉の状態によっては、カンザシが硬い場合がありますので、その場合にはペンチなどで引き抜いてください。


2本とも引き抜くと、シリンダーが外れますので、上下のどちらかを抜いたら、シリンダーを手で押さえながら、もう一方のカンザシを引き抜くようにしてください。
目黒ロックのホームページへようこそ!
扉を開けると、プレートの上下に2本のビスが見えます。
このビスを外すとプレートが外れます。
プレートが外れにくいことがありますが、ビス穴やラッチボルト(※)部分から、小さなマイナスドライバーで持ち上げるようにすると外れやすいです。
※レバーやノブを操作すると動く三角形の部品です

プレートと扉の隙間にペンキが入り込んでいると、プレートを外した際に塗装膜が大きく剥がれる恐れがありますので、そういった場合には、予めカッターなどで切り込みを入れておくと失敗が少なくなります。
写真で小さなマイナスドライバーを当てている部分に、カンザシのような細いシリンダー固定用の軸がささっています。
全部で4本ありますが、シリンダー側の上下2本を抜いて頂くとシリンダーが外れる仕組みです。


室内側のカンザシを外すと、サムターン(ツマミ)が外れます。KABA社のフリーサムターンなどの防犯サムターンを交換される際には、こちら側を引き抜いてください。
◆はじめに
シリンダーの交換自体は、ドライバーなどの身近な工具があれば比較的簡単です。
一般の住宅などで多く使われている美和ロック製のLA・MAの交換方法をご紹介します。
尚、LA・MA以外にも、LAタイプのシリンダーを使用する錠前は基本的に同じ手順で交換できます。
◆ご用意いただくもの
・交換用シリンダー
・プラスドライバー(2番)
・小さなマイナスドライバー
・ラジオペンチ ※あると作業がやり易くなります
・作業用手袋 ※工具や金具を扱うので怪我の防止になります
◆注意点
・作業中は扉を閉めないようにご注意ください。(ドアストッパーなどをご利用ください)
・扉を開けた状態で、正しく作動するか十分に確認した上で扉をお閉めください。
・作業に際しましては、工具や金具類でお怪我をされないようにご注意ください。
プレートを外すと、ケース(錠前)本体が見えますが、シリンダー交換のみを行う場合には、本体のビスを外す必要はありません。